一人暮らし独身OLの健康と生活意識に関する調査』 (ヤクルト健康調査 2005年1月27日)

【見出し】
独身OL 三十路を境に変わる「仕事」・「生きがい」・「結婚観」と「腸の健康」
自分の仕事は「やりがい」優先、将来の夫には「安定」した仕事を望む
30代の余暇は「女ひとり」

【調査概要】

 一人暮らし独身OLの“仕事への意欲”は高く、今後も「ぜひ仕事を続けたい」
「できれば続けたい」をあわせると81%に達しました。

年齢が上がる程、仕事への意欲が高くなり、今後も「ぜひ仕事を続けたい」人は、
25〜29歳の層で34.1%に対し、30〜34歳の層では61.3%に達しています。
年齢を重ねるほど、忙しくなりながらも仕事への意欲は高まるようです。

また、自分の仕事に対して、「安定」よりも「やりがい」を求めています。
しかしながら、将来の夫の仕事に対しては、「やいがい」よりも「安定」を求める
人が多数派で、自分の仕事と夫の仕事では、その意味合いがことなるようです。

一人暮らし独身OLの“生きがい”については、「ショッピング」や「趣味・習い事」
「おしゃれ」といった独身OLらしい項目があげられました。

しかし、一人暮らし独身OLのなかでも30歳を超えると「仕事」を“生きがい”に
あげる人が多くなり、自分の生活における「仕事」のウェートが年齢と共に高まって
きていることが伺えます。

また、余暇を過ごす相手も30歳を境に変化してきます。25〜29歳の層では「恋人」
「友達」が圧倒的に多いのに対し、30〜34歳の層では「恋人」が減少し、その代り
「自分ひとり」が増加しています。

一人暮らし独身OLの“結婚観”については、25〜29歳の層で60%以上が「絶対した
方がよい」「できればした方がよい」と考えているのに対して、30〜34歳の層では
「してもしなくても、どちらでもいい」が50%に達しています。

以上の結果を総括すると、一人暮らし独身OLが、年齢を重ねる程に「仕事に対する
意欲や生活における仕事のウェートが高まり、忙しく、心も体も疲れるが、周囲に
甘えようとは思わない。余暇は友達と気軽に過ごすか自分ひとりで過ごす。
結婚は否定しないが、してもしなくてもよい」という「自分ひとりでも生きていける、
自立した、たくましい女性」になっていく姿が浮かび上がります。 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

乳酸菌飲料メーカー、ヤクルトのニュースリリースです。

最近、少子化問題のせいか、この手の調査が多いですね。

結果については、特に目新しいものはありません。

「年齢が上がる程、仕事への意欲が高くな」るというのは、単純にモチベーションが
上がるというよりは、「ひとりで生きていく(のかも?)」という覚悟が出来て
くるからではないかという気もします。

調査項目に「腸の健康」が入っているところに、さすがヤクルトですね(笑)。
ちなみに一人暮らし独身OLの約55%が「便秘体質」なのだそうです。

全文はこちら 
→ http://www.yakult.co.jp/cgi-bin/news/news.cgi?page+0+57

前ページへ気になるメディア目次次ページへトップページに戻る